「危険予知」の安全標語

危険予知とは

様々な職場における全員参加で安全衛生を先取りして一切の労働災害をゼロにすることを目的とするゼロ災運動。その中でも様々な危険を現場を知るリーダーだからこそ把握し危険を予知していく活動が危険予知に当たります。

危険予知活動は0災運動の理念に基づいて各職場小集団単位で職場の危険を自分たちの問題として捉え、解決していこうと言う職場の自主活動に当たります。

いわゆる労働災害防止の手段であり、ヒューマンエラーを防ぐために定常的に推進されるべき活動とされています。具体的な推進としては中央労働災害防止協会が主催する研修に参加すること、そして各職場で展開する研修や取り組みをセットで進めることによって推進されます。

あらゆる活動の基本であるPDCAをまわしていく、このサイクルに危険予知活動もあてはまります。

まず、プランです。危険予知がどこにあるのか?どのようなヒューマンエラー、マシントラブルで発生するのか?過去の事例や未来に向けてのシミュレーションが必要です。このプランが正しくスタートです。

そして、このプランにもとづき、訓練、いわゆるDOを定期的に行います。この訓練の中で新たな危険、改善点を見出していくことがCHECKに当たります。さらにその後、しかるべき改善を行うことがACTIONになります。

ゼロ災運動そのものが、企業としての取り組みを示すとすれば、危険予知は職場ごとの課題を改善していく活動だといえるのではないでしょうか。

現在は、ゼロ災運動の中でも現場トラブルを改善する中核的な活動が危険予知活動であり、日本の現場を支える活動になります。

企業によってはその活動を促進すべく、各職場ごとでコンテストを開催したり、社内研修を実施せたりとさまざまな推進と展開が図られています。

製造業だけではなく、現場を持つ事業体では必ず必要とされる活動であり、考えようによっては現場の結束を固める活動にも昇華していけるはずです。

「危険予知」の安全標語

ゼロ災を 目ざして励む 危険予知

平成2年 林業・木材製造業労働災害防止協会 労働安全標語

http://www.rinsaibou.or.jp/cont04/items95/hyogo.html

 

ゼロ災害 危険予知の 積み重ね

平成8年 林業・木材製造業労働災害防止協会 労働安全標語

http://www.rinsaibou.or.jp/cont04/items95/hyogo.html

 

忘れるな 基本動作と危険予知

平成15年 林業・木材製造業労働災害防止協会 労働安全標語

http://www.rinsaibou.or.jp/cont04/items95/hyogo.html

 

忘れるな 基本動作と 危険予知

平成17年 林業・木材製造業労働災害防止協会 労働安全標語

http://www.rinsaibou.or.jp/cont04/items95/hyogo.html

 

毎日の 習慣が生む 危険予知

(財)中小建設業特別教育協会 安全標語

https://www.tokubetu.or.jp/anzenposter/hyougo.html

 

危険予知 みんなで取り組み ゼロ災害

(財)中小建設業特別教育協会 安全標語

https://www.tokubetu.or.jp/anzenposter/hyougo.html

 

大きな危険は小さなヒヤリから 身に付けよう 危険予知

(財)中小建設業特別教育協会 安全標語

https://www.tokubetu.or.jp/anzenposter/hyougo.html

 

みんなで共有 安全意識と 危険予知

(財)中小建設業特別教育協会 安全標語

https://www.tokubetu.or.jp/anzenposter/hyougo.html

 

考えよう 「かもしれない」と 危険予知

(財)中小建設業特別教育協会 安全標語

https://www.tokubetu.or.jp/anzenposter/hyougo.html

 

一人でも 必ずやろうね危険予知 続ける努力があなたを守る

2018年度 野村興産株式会社 安全衛生標語

https://www.nomurakohsan.co.jp/2018/10/notice/3283

おすすめの記事